Today, we officially announced that Mimosa has connected with the Huobi ECO Chain (Heco) and completed the MIMO token migration work. After that, we will announce the timing and details of the MIMO genesis mining and we appreciate for the long-term support from our Mimosa community.

The total amount of Heco’s MIMO is still 16 million and the token migration ratio is 1:1. The previous Mimosa smart contract feature on the Ethereum blockchain will be the same as on the Heco blockchain. …


Mimosa は中華系大手仮想通貨取引所 Huobi のエコチェーン「 Heco 」に正式にアクセスした。

本日、Mimosa は、中華系大手仮想通貨取引所 Huobi の エコチェーン「 Heco 」ににアクセスし、 MIMO 資産のクロスチェーンスワップを完了したということを正式に発表した。その後、ジェネシスマイニングの時期と細則について説明しようと思う。 Mimosa コミュニティの皆さまから長い間のご支援をいただき、誠にありがとう。

今回の Heco の資産スワップは、総量 1600 万枚、スワップの比率は 1:1 であり、これまでイーサリアムブロックチェーンでの Mimosa スマートコントラクトの特性は、Huobi のエコチェーン「Heco」でも変わらない。現在、イーサリアムブロックチェーンでも Huobi のエコチェーンでも MIMO を取引している時、取引総量の5%が燃やさることができる。

現在のイーサリアムチェーンの高い手数料(ガス代)を考えると、近い将来の Mimosaコミュニティエアドロップには、参加者に対して Heco チェーンの資産を優先的に送ることになるため、 Huobi walletMetaMask など、 Heco をサポートしているウォレットをご利用いただく必要がある。それから Heco に基づく MIMO トーコンを受信することができる。

注:Heco はイーサリアムネットワークと互換性があるため、これまでに Mimosa チームに MIMO の受け取るアドレスを提出した参加者は、再度アドレスを提出する必要はなく、Heco をサポートするウォレットに「0x1c65be80daf69e9c54cf23f8273f251e607e56a7」この HRC20 トーコンのアドレスを追加するだけで、MIMO 資産を見ることができる。また、 MIMO 資産をサポートするのウォレットの拡充も段階的に進めていく。


In Jan 2021, the epidemic has enveloped all of Japan. Only in Tokyo, there are more than 1,000 new cases of COVIDー19 diagnosed every day. No one can predict when this situation will end and at this time Japan financial representatives are discussing a new round of monetary easing.

On Jan 11, the price of BTC dropped from $40,000 to nearly $30,000.

At that time, Thomas Barkin, chair of the Richmond Fed’s mentioned deflation for the first time in his speech. …


2021年1月、新型コロナウイルスが日本全国的に感染が拡大して、東京だけで1日に新たに増える確認された感染者は 1000 人を超えている。この状況がいつ終わるのか、誰も正確には予測できていない。この状況がいつ終わるのか、誰も正確には予測できていない。このときの日本の財務代表は、新たな金融緩和政策について議論している。

ビットコインは 1 月 11 日、4 万ドルから 3 万ドルに近い水準まで下落した。米リッチモンド地区連銀のトーマス・バーキン総裁は、デフレについて初めて言及した。その後、同日のアメリカ 10 年債券利回りやドル指数は反発し、金や銀などのリスク資産はビットコインと同様の価格下落状況を見せた。

バーキン氏の発言によってドル指数の反発は続かず、多くの国が金融緩和政策を維持している。しか …


In the past ten years, BTC has not been a good first choice for most institutions. High volatility and high risk have prevented some fund managers who are interested in BTC from participating in BTC’s market allocation through internal risk control decisions.

Today, investors who have missed investing in Bitcoin are also focusing on the recently touted ETH and algorithmic stablecoins. …


ビットコインは過去10年間、多くの機関にとってあまり良い投資対象ではない。ビットコインの変動性が高く、リスクが高いため、一部のファンドマネージャーは内部のリスクコントロールによってビットコイン市場の資産配分に関与することができない。

現在、ビットコインに最適な投資タイミングを逃した投資家も、最近話題になっているイーサリアムとアルゴリズムによるステーブルコインに注目が集まっている。アルゴリズムによるステーブルコインはビットコインに基づいて通貨の柔軟性を考慮している。しかし、このような柔軟性には良い信用基盤や数量制限がない。つまり、資産の柔軟性は明らかにアルゴリズムによって定められているのが、二次市場での価格誘導はマーケットメイクが深く関与している。

暗号世界の内巻き化

Coinmarketcap …


There are 21 million Bitcoins in existence in total.

Every time when people talk about Bitcoin, some people will always mention the total number of Bitcoin to emphasize its rare value. In fact, as new bitcoin is still dug up every day and then circulated to the market by miners, the sell-off pressure on Bitcoin always exists.

This will inevitably lead to a question: if Grayscale does not continue to buy Bitcoin, if people find another underlying asset better than Bitcoin, can the current purchasing power support such a high price?

High Turnover Rate May Hinder Value Investment

In the…


ビットコインの発行上限が2100万枚である。

人々がビットコインについて話し合うたびにビットコインの総量を普及して、ビットコインの希少価値を探る人々がいる。しかし、実際には毎日新しいビットコインが掘り出され、そしてマイナーによって市場に流通される。だから売り圧力がずっと続く。

そうすると、必ず「もしGrayscale社がビットコインを継続的に購入していなかったら、もし人々がビットコインより良い投資資産をつけたら、現在の購買力がこれほど高い価格を支えることができただろうか?」という疑問が生じる。

高い買い替え率はバリュエーション投資を抑制している可能性がある

これまで市場にはさまざまな暗号資産が存在しています。でも流通速度(スワップレート)が高すぎるため、投資規模が変わらないままでは、多くの暗号通貨は長期的な価値上昇トレンドを維持することが難しくなっています。株式市場とは異なり、ブロックチェーン企業は市場からトークンを本当に買い戻すことができないことが多く、価格を長期的に安定させるためのファンドの定期投資の設定が不足している。

その結果、伝統的な機関が重視してきた暗号化資産は、通常は1年以上経ってから価格が価値に近づく傾向があった。それらのインフレは予測可能であるため、市場価格を客観的に評価できるようになった。

そこで Mimosa チームは、暗号資産のリスクヘッジ属性を探ることで、長期的に予測可能なデフレの価値を発揮し、グローバル資産のリスクヘッジを目指している。

Mimosa の由来

プロジェクトの名前「Mimosa」は現実世界の植物の名前である。現実世界中、Mimosa は生命力がしぶとく、熱と光に激しく反応して、葉に刺激を与えるとすぐに閉じて、しばらく経った再び葉を開きます。このプロジェクトの暗号資産デフレの特性は Mimosa という植物と同じである。だから、私たちはその資産を「MIMO」と呼びる。

Mimosa は、オンチェーンで資産取引を促すのプロジェクトと異なり、日常取引するのことだけではなく、現実と暗号資産のインフレに対応する主なヘッジツールとして、成熟したイーサリアムのスマートコントラクトと定められた永続的なデフレ経済モデルを通じて、この暗号資産を客観的に判断することができる。

MIMOについて

Mimosa のトーコン名称は「MIMO」と呼ばれ、総量は1600万枚である。Mimosa は、公式アドレスであれ、ノード参加者であれ、それぞれのアドレスがオンチェーン上で取引している場合、取引総量の5%が燃やさるよう求める。Mimo 初期作成後、ホワイトペーパーの要求に従ってアドレス割り当てが行われ、その後は 1520 万枚の MIMO しか残らず、総量の5% の MIMO が先行流通に使われると予想される。

また、その後のさらなる機能構築を容易にするため、 Mimosa は作成時に、参加者のデフレ回避行動を防ぐために最小取引単位のパラメータが設計され、すなわち最小取引単位は0.05枚のMIMO。 参加者がブロックチェーンで 0.05 ー1 枚の mimo を取引する時に、0.05枚のMIMOが燃やさる。これは暗号市場で他のオンチェーン取引デフレプランよりコストも低く、トーコンのバーンされるルールを守ることにも役立つ。

次に、Mimosa の前期獲得方法について発表される予定である。最初の1年間で、市場流通規模が 1,000,000 枚の MIMO(燃やさる総発行枚数の 5% 計算に入れない)以下になることを期待しています。これにより、参加者はより高いトーコン価値のアップを得ることができる。

しかし、高額なオンチェーンでの振替手数料は、みんな資産を移転する意欲を低下させる可能性がある。だから、 Mimosa は次第に暗号市場に向けて魅力的なブロックチェーンアプリケーションを開発して発表し、MIMOの使いできるシーンを増やしている。

現在、 Mimosa では事前の準備を進めておりますので、より詳細な情報をお知りになりたい方はご注目ください。

Twitter:@MimosaOfficial

Telegram:@Mimosa Official

Mimosa

Permanently Deflationary Cryptocurrency.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store